LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ。ブーメランな意見を述べがち。消しがち。更新が多いときは調子が悪いときです。更新がないときはもっと調子が悪いときです。情報商材いりません。

趣味のファイリング 《ポストカード収納その6 文具王のご託宣》

ポストカードセットやポストカードブックをどうやって&どんなファイルに綴じるのかという問題。

ポストカードブックにセットされている枚数がまちまちなので

枚数に応じていろんなメーカーの商品を比較して…ってやるのが正直しんどい。

 

そんなおり文具王の↓↓動画を見て

「これならどんな枚数にも対応できるではないか!」と喜び勇んで真似してみました。

ルーズリーフの簡単製本法その1(数枚〜20枚ぐらい) 「ねじりっこ」プラス【文具王の文房具解説】#393【文具のとびら】 - YouTube

ルーズリーフの簡単製本法その2(30〜200枚ぐらい) 「スピード紐通し」クロバー【文具王の文房具解説】#394【文具のとびら】 - YouTube

 

表紙含めて22枚のポストカードブックをキングジムの葉書ホルダー台紙(ルーズリーフと同じ間隔で穴が空いている)に入れ、

f:id:nagatsukinijiko:20210515221948j:image

「枚数が多いから2番目の方法“凧糸で和綴じ製本”のほうが確実っしょ」と、100均の凧糸とアメピンやってみた。

そしたら稀代の不器用さでもって最後の結び方を間違えてしまい

いったん全部の紐をほどいてやり直そうとしたら端っこの穴が擦り切れそうになっていた。

もし2回目も失敗したら穴がちぎれて22枚のリフィルがダメになってしまう。辛い。

そんなわけで急遽、1番目の方法“ねじりっこ(ビニール被膜のハリガネ)で製本”に変更。凧糸を持て余す羽目に。

 

たしか布マスク作りのために去年100均で買った園芸用の「ねじりっこっぽい針金のやつ」があったはず…とクローゼットを掘り返し

記憶の中のソレよりもずっと頼りなく細い「園芸用のビニールハリガネ」でなんとかやってみた結果がこちら。

f:id:nagatsukinijiko:20210515222543j:image

f:id:nagatsukinijiko:20210515222548j:image

うーん、いちおう形にはなった。

 

しかし「ねじりっこ」と違い100均のコレではハリガネとそれを包むビニールがあまりに細すぎて、文具王が動画の中で何度も言ってた「ハリガネが捻れないように通していく」ことがとても至難の技でした。

(なんせ輪から引き抜いた時点で捻れて出てくるのです泣)

 

これ、マスク用に買ったもののフニャフニャ過ぎてとてもノーズワイヤーとしては使い物にならなくて持て余してるんだけどなあ…ここでも使えなかったか。いや全く使えないわけでもないが…。

 

取り急ぎねじりっこを通販でポチった。

「ココフセン遣い」から「ココフセンカード遣い」にジョブチェンジした

2019年2月に読書ノートを始めたことをこのブログに書いた。

こんな私でも継続できそうな “読書ノート” - LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

「こんな私でも継続できそう」とか言っといて2019年7月で中断……(半年も続かなかった)

そしてコロナ禍の2021年3月、復活

 

『読書は一冊のノートにまとめなさい』で推奨された“ねぎま式”読書ノートは私には向いていなかった。本を読んでも「そうなんだ〜」と感心するのが精一杯で意見なんて特にないからだ。

自然と、ひとつ前の投稿に書いたみたいな“要点まとめノート”形式が主流になっていった。

 

本にクリップ式の「ココフセン」(ポップアップ式のフィルム付箋)を付けておいて、気になった箇所に付箋を貼りまくる方法は読書ノート中断期間も続けていた。

f:id:nagatsukinijiko:20210503212626j:image

↑ココフセン(クリップ式)

 

読書ノートが復活してちょっと経過したとき、ネット通販で送料無料にするための金額合わせに「ココフセンカード」を買った。

ココフセンカード カラー M

↑ココフセンカード(amazonのリンクです)

 

ココフセンカードというのは、クレジットカードとかと同じサイズのカードに5色(ないし3色)のフィルム付箋が内蔵されているもの。

コレを栞として使えば便利なんじゃないかと思いまして。あと可愛かったんで。

 

せっかく5色もあるので、色分けしてみよっかなと思って他の人のやり方を調べてみた。

  • 斎藤孝氏の“三色ボールペン読書法”:赤=客観的に重要、青=客観的にそれなりに重要、緑=主観的に面白い、のルールで線を引く
  • ブログAの三色ふせん法:青=記述内容に同意、赤=記述内容に異議がある、黄色=なんか気になる、のルールで付箋を付ける
  • ブログBの主張:「赤色の付箋はどんな意味だっけ?」などと思い出しながら読書すると思考の流れが妨げられるため色分けしてはいけない

以上の意見を取り入れて編み出したのがコレ!

f:id:nagatsukinijiko:20210503193637j:image

ココフセンカードにマステ&テプラで色の意味を表す記号を貼ってみた。

これなら色の意味を思い出す手間なく直感的に貼っていけるかなあと。

 

ちなみに右から

マゼンタ=とても重要〈客観的な視点〉:★★★

オレンジ=そこそこ重要〈客観的な視点〉:★

グリーン=感銘を受けた〈主観的な視点〉:♡

ブルー=記述内容に異議がある〈主観的な視点〉:▼

イエロー=あとで調べる:?

となっております。

 

上の写真のやつが全く使ってない状態なのは

実はコレが二つ目だからです。

 

まだこの方法が机上の空論であるにもかかわらず

この方法を編み出した自分に有頂天になり、二つ目のココフセンカードを購入してしまったのです…。

一個目はこんな感じ。

f:id:nagatsukinijiko:20210503205954j:image

二個目をメーカーの直販サイトから買うとき、一緒に詰め替え用まで調達済。

f:id:nagatsukinijiko:20210503210424j:image

*詰め替え後はマゼンタをピンクに変更予定

 

まだ全然使い切ってないのにね。

『鉄は熱いうちに打て』と本人は思ってるけど、じつはまだ鉄が熱くなりきってなくて無闇に打ちまくってるだけ」みたいなの

昔からの悪い癖なんですよね…。

 

しかもすっかり忘れてたけど、私って過去に「フセンなんて信じない!」って主張する投稿してたんだったわ。

えーー(*_*) まるで今の状況、信じてないどころか愛好家じゃないか。

でも本に貼ったフセンは読書ノートを書いたらすぐ剥がして捨ててるしな…なんて。

人(私だけか…)の主義主張ってコロコロ変わるもんだから…と弁解しておきます。スミマセン。

ドクターグリップへの回帰

わたしが学生のころに流行っていたドクターグリップのシャーペンは

人間工学にもとづいた太さのグリップで疲れにくいのが売り文句で、「人間工学」が巷に流布するきっかけのひとつとなった。たぶん。

 

私はそもそもドクターグリップに使われているようなソフトシリコンのグリップが好きではない。すぐ劣化&変色するので。

目下のお気に入りはモノグラフ。頭に繰り出し式の消しゴムがついてて便利なやつ。

仕事・プライベート共にチマチマとした字を書くので、最近は0.3mm芯のシャーペンばっかり。

f:id:nagatsukinijiko:20210427213418j:image

〈MONO graph〉この写真ではグリップが半透明なのでシリコンぽく見えるけど硬いプラスチックです。

 

そんな私がシリコングリップの代表格とも言えるドクターグリップに回帰したのには理由がある。

 

1年以上サボっていた「読書ノート」の習慣が復活したからだ。

読書ノートって人によって形式は様々だけど、わたしは要点をまとめたり書き写したりして1冊につきB5ノートに3ページくらい書く。(本当はもっと少ないページで上手にまとめたい)

しかもキャンパスノートのA罫(7mm)の中に2行書いたりする。

f:id:nagatsukinijiko:20210429162940j:image

そしたらめっっちゃ指が痛くなったのだ。0.3mm芯なのでより指に負担がかかっているのかもしれない。

そのときドクターグリップのことを思い出した。

 

大学受験の勉強してる時は、スマッシュみたいな製図用シャーペン(細軸)とドクターグリップ(太軸)を指の調子によって持ち替えながら問題集を解きまくってたんだった。

どの太さが良いとかではなく、とにかく指が固まって痛くならないように工夫しながら勉強してたあの頃のわたし。偉いなあ。

 

さっそく近所の文房具店にあるドクターグリップの中で一番安いやつを買ってきた。

f:id:nagatsukinijiko:20210427212746j:image

〈Dr.Grip CL Play Border〉「推し色」とやらの限定版。「推しが尊い!」って書かれた、使うシーンに困る消しゴムが付属。

やっぱりドクターグリップのメインターゲットってシャーペンで文字を書きまくって指が痛くなりがちな学生さんなんだろうなあ。

わたしには推し色とやらが無いのでブナンな黒を選んだ。ちょこっと調べてみたところ、少年隊のヒガシさんのメンバーカラーが黒らしい。少年隊の時代からメンバーカラーとかあったんだね…。

 

透明軸の中がデコれる仕様になっていたので一応やってみた。

f:id:nagatsukinijiko:20210429163451j:image

自分のセンスのなさとガサツさを実感する結果になるだろうと予想してからやってみたけど、そのとおりになった。

やっぱり私には「推し活」なるカルチャーは向いていない。

趣味のファイリング《ポストカード収納その5 これが答えだ!》

簡単なあらすじ:

44枚のドラえもんポストカードブックをファイリングするために通販で購入したファイルが20枚収納用だった。

 

いろいろ調べて悩んだ挙句

f:id:nagatsukinijiko:20210206213023j:image

”20枚収納(表・裏表紙に2枚ずつ入れると最大24枚収納)の
ナカバヤシ「高透明 ミニポケアルバム KGサイズ」をもう一つ買って
綴り紐で二つ繋げる”

という結論に至りました。

f:id:nagatsukinijiko:20210206211847j:image

 

そうすればポストカード44枚と表紙(表表紙と裏表紙を切り離して2枚にしたもの)もちゃんと収納できる。

ベストではないけどベターでしょう!という着地点。

nagatsukinijiko.hatenablog.jp

↑ この記事で出てきた”つづり紐”がまさか伏線だったとは。

いやぁ~つづり紐って万能なんだなあ~。

一家に一袋、つづり紐(セル先)

 

ただし百均のは何回か結んで開いてしただけで擦り切れてきた経験があるのでオススメしません!コクヨとかライオンとかの20本で数百円のやつを使った方が長い目でみたらお得だと思います!

以上!

趣味のファイリング《ポストカード収納その4 「ファイルを通販で買った時あるある」》

おもっきし失敗した………

「その3」で挙げてたファイルに、意を決して映画ドラえもんのポストカードブックを収納し始めてから気づいたんだ…

f:id:nagatsukinijiko:20210124145206j:image

「20枚収納」って書いてあるのを、私は勝手に「20ポケットあるから1ポケットに2枚ずつ入れたら40枚入る」って思い込んでいたんだ……

そしたら、よく見たら1枚の台紙の両面にポケットがあって、裏表合わせて20枚収納だったんだ……

上手く説明出来てないけど分かっておくれ…

f:id:nagatsukinijiko:20210124145531j:image

だから全ページ収納しきってからあと24枚のポストカードが残ってるの…どうしよ……

f:id:nagatsukinijiko:20210124145638j:image

しかも最後の1ページを入れるまで間違いに気づいてなかったという頭の回転の遅さ。

絶望だ…。

趣味のファイリング《ポストカード収納その3 ポストカードブックをどうするか問題》

 

コロナのせいで旅行なんて出来やしないご時世ですが、ポストカード収納を巡るthe Long and Winding Road はまだまだ終わる気配が無い。

 

ひとつ前の記事で考案したバインダーを、他のサイズのファイルたちと統一感を出すためにクリア白色で取り急ぎ2つ作成。

f:id:nagatsukinijiko:20210122204837j:image

手持ちのポストカード〈見る用〉を、入手した年の順にファイリングし

ケント紙でインデックスを作ってゴール。

f:id:nagatsukinijiko:20210122205143j:image

わたしはケント紙がインデックス自作にいちばん適していると思う。厚さと手に入り易さと、サイズの豊富さと。

 

これでポストカードファイリングの旅はゴールを迎えたかのように思えた。

が。

 

f:id:nagatsukinijiko:20210122205431j:image

↑これは、新たに入手した映画ドラえもんの40周年記念ポストカードブック。(映画館に行けないので東宝の通販で購入)

そう。ポストカードブック。

 

いま私の頭を悩ませているのは、一度にたくさんの枚数を入手してしまう「ポストカードブック」や「ポストカードセット」の存在だ。

このドラえもんのポストカードブックなんて、歴代40作品の全ポスターがポストカードになった超素敵グッズなので、オマケのオリジナルデザインも合わせて44枚もある。

f:id:nagatsukinijiko:20210122210312j:image

「ブック」の状態のまま鑑賞してもいいけど、手の油とか付くよな〜って思って手に取らなくなったら本末転倒だし。

 

他のポストカードと同じように冒頭のバインダーに入れたら、もうそれだけで1冊使ってしまってなんか勿体ないし。

 

そんなら、ポケットが固定されてるタイプの薄型ファイルを買ってこのポストカードブック専用にしようかなと思って買ったのがこちら。

f:id:nagatsukinijiko:20210122210303j:image

セキセイ高透明ミニポケフォトアルバム KGサイズ。KGサイズだと大きめのポストカードも入るので安心。

 

20ポケットあるし、表紙にもポケットがあって入れられるようになっているから、2枚ずつ入れたらちょうど44枚入るじゃな〜い?ナイス!と思って買ったんだけど ←※これ誤りでした。詳細は「その4」参照。

「ポストカードブックの表紙」はどこに入れるの!?という壁にぶち当たり、現在ちょっと悩み中です。

 

表紙だけ他のポストカードと同じバインダーに綴じて、そこに「中身は“別冊”へ」と書いておく“母艦方式”をとるか…

表紙も無理矢理(ファイルの)表紙ポケットに入れて、見られなくなるポストカードがあっても良しとするか…

別の、もっとポケット数の多いファイルを買うか…

ファイリングを諦めてそのままで見るか…

 

悩ましいっ!

しかし世界一平和な悩み事であると言えよう。

ここ数週間このことをずっと考えいるけど答えはまだ出ていない。

 

 

趣味のファイリング《ポストカード収納を巡る旅はまだまだ終わっちゃいなかった》

趣味のファイリング 《ポストカード収納の遥かなる旅路》 - LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

↑この記事にて完結したと思っていたポストカードの収納およびファイリングの件。

はじめは『美術館や博物館で買った記念のポストカード専用』という意識でファイルを作ったので、ある程度までの厚みで済んでいたのだが

そのうち「博物館で買った仏像のポストカードと奈良のお土産屋さんで買った仏像のポストカードを分ける意味ないよな」とか、

「『りぼん展』で買った岡田あ〜みんのポストカードが入ってるならヴィレッジヴァンガードで買ったドアラのポストカードも入れるべきでは」とか、

万博記念公園の中にある国立民族学博物館で買ったポストカードと、同じ日に万博記念公園のお土産屋さんで買った岡本太郎のポストカードは一緒に入れときたいよなあ」とかアレコレとエスカレートして大容量になり

f:id:nagatsukinijiko:20201221160715j:image

ルーズリングでは賄いきれずにつづり紐3本でとりあえず綴じとく、という末路を迎えてしまいました。

 

これはなんか不細工だなあ

でも2冊目を作るの面倒だなあ

 

と思案しながら目に止まったのが

クローゼットで埃をかぶっていた

前の職場で使ってた私物の2穴リングファイルコクヨ製。
f:id:nagatsukinijiko:20201221160732j:image

2穴バインダーは金具がファイルの中央付近にしか付いていない。

ということは、ハガキに適したサイズに表紙をカットできるのでは?と目論み…

f:id:nagatsukinijiko:20201221160736j:image

左右各8cm、上下各7cmをオルファの太いカッターで根気よく何回も何回もなぞって切り離し

(手がめっちゃ疲れる)
f:id:nagatsukinijiko:20201221160728j:image

キッチンバサミで適当に角っこを丸く切って

ネイル用のヤスリでバリを取って

いまやどのご家庭にも常備されている消毒用アルコールで油性ペンの下書きを消せば出来上がり!!

 

と思いきや、

イレギュラーサイズのポストカードのために手作りしたリフィルは穴の位置が合わない!

キングジムのリフィルは2穴に対応できるように調整されているからそのまま使える。
f:id:nagatsukinijiko:20201221160740j:image

急遽リフィルも作り直して

f:id:nagatsukinijiko:20201221163319j:image

(↑国立民族学博物館売店で買ったイヌクシュクのポストカード(自慢))

 

完成!!

 f:id:nagatsukinijiko:20201221163332j:image
f:id:nagatsukinijiko:20201221160723j:image
↑1枚目の写真と同じ枚数のポストカードが収納できた。(72枚)

 

サイズ的には、無印良品とかにむかーし売ってた『リフィルが入れ替えできるCDファイル』みたいなイメージ。

てことは今ソレがあればコクヨの頑丈なファイルを切り取って手を痛めなくても良いんだろうか…。売ってないけど。

 

何はともあれ、コレなら結構な枚数が入るし、見た目も悪くないので

私のポストカード収納の定番にしていこうかなと思っているところであります。

 

以上。