LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ。ブーメランな意見を述べがち。消しがち。更新が多いときは調子が悪いときです。更新がないときはもっと調子が悪いときです。

文房具・手帳

趣味のファイリング 《ポストカード収納の遥かなる旅路》

美術館や博物館のグッズショップで購入したポストカードの保管方法&閲覧方法について、ここ最近の取り組みをザザッと書いてみる。 そこそこ長くなった。

aurora ark Photo Album が名実共にフォトアルバムになったよ〜《趣味のファイリング》

この記事↓ 趣味のファイリング《BUMP OF CHICKEN aurora ark Photo Album をどうやって収納するのか?》 - LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS の続編。 BUMP OF CHCKEN aurora arkツアーグッズの「Photo Album」がアルバムと呼ぶには一つ一つの写真がポスタ…

趣味のファイリング《BUMP OF CHICKEN aurora ark Photo Album をどうやって収納するのか?》

コロナで外に出る気にならないので、タイトルのとおり BUMP OF CHICKEN aurora ark Photo Album をどうやって(しょっちゅう手軽に見られるように)ファイルに収納するのか? について検討して日曜を過ごした。 上の写真はその検討の痕跡である“バレットジャ…

夢を叶える系の手帳&手帳術からの「気付き」(←キラキラしてない注意)

「わたしは自分自身と向き合うとそのストレスで病む人間である」という自分を発見することができました 週末くらい頭を空っぽにしたいのに延々と仕事のことを考えてしまって、労働の憂鬱さから抜け出す事のできる時間が少ない自分にとっては「週末野心手帳」…

バレットジャーナルについて片手間で考えてみた

見出しに使う「・」←この点を「バレット」(bullet=弾丸)と呼ぶのでバレットジャーナル。 この「・」、日本語では何と呼ぶのか知っていますか? わたしは正式名称は知らないけど、一部の界隈ではこれを「ポツ」もしくは「黒ポツ」と呼ばれていることを知っ…

趣味のファイリング 《クリアファイル収納用のファイルをどれにするか問題》

つい数年前までは「クリアファイルを収納するファイルがあるらしい」「バッジやコースターまで収納する専用のファイルがあるらしい」とキワモノ扱いだったのに、今や選択肢に迷うほどバリエーションがでてきた「オタグッズ収納グッズ」界。 特にファイルの帝…

100均の硬質カードケースを使ってポストカードを壁に貼ろうとする試み

自画自賛シリーズ。 材料 A6サイズの硬質カードケース(ダイソー) マスキングテープ(セリア) センスに自信がないので無地のものを使用。無地のマステを買うためにダイソーからセリアまで遠征した。 壁紙用の両面テープ(ダイソー) 手順 硬質カードケース…

こんな私でも継続できそうな “読書ノート”

カンミ堂の“クリップ ココフセン”が私の読書に革命をもたらした。 “記憶に残る&身になる読書”をしたいと思いつつ、生来の貧乏性ゆえ本に折り目をつけたりマーカーで線を引いたりすることがどうしても出来なかった。 ところが、この“ココフセン”を、大変便利…

ソエモンチョウ ブングジャム の、参考にならない感想

※とても気の抜けた記事です。 高畑正幸(文具王)、他故壁氏、きだてたく、3人の文具レジェンドユニット、それがブングジャム。 彼らが大阪でひたすら文具について語るイベント『ソエモンチョウ ブングジャム』に、2019年1月26日参加した。 会場のロフトプラ…

趣味のファイリング《チケット編》

BUMPの『GO』という曲の主人公のように叱られてばかりだった私は、自己肯定感の低さをこじらせてここまで生きてきた。 そのせいなのかどうか知らないが、“チケット”が大好きだ。チケットを持っていると「許されている(許可が下りてる)」気分になって嬉しく…

初売りで買ったタワレコのラバーバンド収納ケース&CD帯収納ケース

甥っ子&姪っ子が家に来たので、逃げるように一人で初売りバーゲンに出かけた。 が、梅田に向かう電車の中で「普段から欲しいものでも我慢しているのに、安売りになってるからって別に欲しくも無いものを買っちゃうのって何か嫌やなあ…。」としんみりしてし…

システム手帳のリフィル自作は楽しいな〈その2〉

3月に、専用ソフトで作った自作リフィルについて書いた。 システム手帳のリフィル自作が楽しすぎる - LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS そして今回は手書きの自作リフィルを自信満々にご紹介したい。 なぜ手書きかというと、元々のリフィルに印刷されてい…

システム手帳カスタムでスマートなオタ活

オタクなら誰もが 「手帳に好きな曲の歌詞を書いておき、辛い時に読み返して自分を励ます」 という痛い行為をしたことがあるだろう。 私はいい歳して現在進行形でやっている。 昔は『林檎もぎれビーム!』とかの歌詞を持ち歩いたりもした。 しかし、うっかり…

趣味のファイリング 《雑誌の切り抜き編》

GW前半の3連休は主に雑誌の整理をしていた。 BUMP OF CHICKEN は音楽雑誌に載っていすぎ。需要と供給のバランスが高レベルで安定しすぎ。 ピロウズの「No Substance」(音楽雑誌(特にロキノン&鹿野氏)を大批判している曲)は格好良いし好きな曲だけど、…

システム手帳のリフィル自作が楽しすぎる

スタバで手帳タイム系のインスタグラマーが愛好していることでお馴染みのシステム手帳「ロロマクラシック」を販売している手帳メーカーこと「レイメイ藤井」がオンラインで販売している、「システム手帳職人」というリフィル自作ソフトがある。 デザイン系ソ…

私は付箋を信じてない

昔、レポートを書くために図書館の資料に付箋を貼って貸し出しカウンターに持っていくと、「ページが痛むので付箋は剥がしますねー」と、代わりに紙切れを挟んでくれた。 そん時はちょっとくらい良いやんかケチーと思っていたけど、よく考えると付箋って長期…