LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ。ブーメランな意見を述べがち。消しがち。更新が多いときは調子が悪いときです。更新がないときはもっと調子が悪いときです。副業にはまったく興味ありません。

今月号(2021年3月号)のMUSICA読んだら前回のブログ消したくなったよ!

注意)MUSICA 2021年度3月号のネタバレがあります

 

amazonから発売日の翌日には届いてたものの

なんか怖くて読めてなかったMUSICA。

f:id:nagatsukinijiko:20210221204014j:image

コラージュデザインの表紙が怖いんじゃないよ(このご時世に咥えタバコを全面に押し出して表紙を飾るタフな彼らに街で出会ったらビビって逃げるけど)。BUMP OF CHICKEN 藤原基央さんのインタビューの内容が予測不能で怖かったんだよ。

 

でも今日、勇気を出して読んだんだ。

そしたら前回(2月11日)のブログ記事を消したくなったんだ。

でも消さない。私のブログには珍しく星をつけてくれる方々が複数いたので自己承認欲求を満たすため消さない。

 

『Flare』、去年の7月くらいから作り始めたって言ってるやん!

コロナ禍でメモアプリに書き溜めた言葉が元ネタになってできたって言ってるやん!

チャマさんが云々ちゃうやん!

 

でもまあ、言い訳を聞いてくれ。

前の『JAPAN』のインタビューでも今回でも、『新世界』の歌詞を結婚に絡めて憶測されたことについて藤原さんは「一つのことを日記みたいに歌詞にはしないよ!例外はあるけど!」的な反論をしていた。

それを分かっていながら、私は今回の『Flare』をその数少ない例外だと思おうとしていた。

それだけ自分にとっては9月のあの出来事が重大事件だった。BUMPに関してはコロナのことなんてどっかに飛んでいってしまうほどに。

 

インタビューを踏まえて歌詞を読み返してみると、全然雰囲気が変わってくる。

私は昨日までこの曲を、乱暴に言って仕舞えば藤原さんの愚痴…というか独白みたいなものと解釈していた。今にも消えそうな灯火をなんとか明日へ守っていこうとする悲壮な決意みたいなものを感じていた。

しかしコロナ禍、とくに1回目の緊急事態宣言くらいの緊迫した日本や世界の状況への思いと置き換えてみると、途端に希望の歌に聴こえてくる。

それぞれの人たちが、色んな立場で色んな利害関係の中で何とか明日へ繋ごうとするのを全て包んでくれている。

藤原さんが「話がしたい」と切実に思う相手が特定の人のように読めていたのが「あらゆる人」だと思える。

“大丈夫 渡れるよ” は

「心配しないでね、僕は渡れるから(←痩せ我慢)」に聴こえていたのに

「心配要らないよ、君なら渡れるよ」っていう激励に聞こえる。

 

不思議!

 

それって、きっとどっちの状況にも当て嵌めて解釈できるくらいこの曲が普遍的ってことですよね!?ね!?

それって、このインタビューで藤原さんが話していた曲づくりの狙いが成功していると言えなくはないのでしょうか!?

それって、いつもどおりのBUMP の曲ってことですよね!?「コロナ前の曲なのに、コロナ禍でつらい今の気持ちにぴったり〜藤原さん予言者やろ〜」って何回も思いましたからね!?

 

以上が言い訳です!

 

そしてそして、MUSICAをamazonで買った故に関連商品のオススメで出てきた「CUT2021年1月号」

藤原さんのインタビュー記事あるやん!去年の年末に発売されてるやん!

(↓amazonの商品ページ)

Cut 2021年 01 月号 [雑誌]

なーにが「雑誌のインタビューも無いし」だよ、前回の記事の私!

しっかり見逃しとるやんけ!!

 

公式アカウントでこれに関するお知らせとかあったっけ?うーわー記憶にない。

aurora arkツアーが始まったくらいまでは非公式BUMP情報アカウントをフォローしてたから雑誌掲載の情報も漏らさずチェックできてたんだけどなー。

中の人の性格が合わなくてフォローを外してしまったんだよな。

ともあれamazonにまだ在庫が残ってたので即座に発注しました。

明日の月曜日を1日頑張ればまた祝日なので(そのせいで2月の出勤日数が少なくて仕事の密度がハンパないけど。こちとら時給で働いてるんで密度が濃かったらくたびれ損だけど。)、もし届いてたらこっちも勇気を出して読んでみたいです。

以上です。

初見時『Flare』(フレア)→フレアスカート→すえひろ○りず と連想した自分を殴りながら

2月11日はBUMP OF CHICKEN の結成記念日だ。

建国記念の日が結成記念日。BUMPは国なのかもしれない(不敬罪)。

SNSの公式アカウントでレコーディングの様子が投稿されてたりしたので「11日になったと同時に新曲を配信リリースするのかもなぁ〜」などとのんびり構えていた。

 

最近の私は、BUMPに対してのんびりしているのである。

暫くは諸々の理由でライブも配信ライブもグッズ発売もないだろうからチケットとかの争奪戦にソワソワしなくていいし、ラジオのゲストも雑誌のインタビューもないだろう。

radikoプレミアムは解約済みだ。

MUSICAの“BUMPのインタビューを鹿野さんが自粛した号”の鹿野さんの所感は1回読んだきり。音楽ライターってジャーナリストじゃなくて“ライター”なんだなって、分かってたつもりだったけど多少の失望を感じた。

鹿野さんとか、AR三兄弟長男とか、なんか分かってる感じの周辺の人たちの言動に振り回されたくなくてSNSではフォローを解除した。

 

ポンツカはあの後でも楽しんで聴いていたけど、なんかここ数週間はなんでか説明できないけど聴いてない。ほんとに説明できないんだけど。そもそも私は毎週定期的にドラマとかアニメとかを見るのが苦手な人間だし。うん。

 

そんなこんなでBUMPに対してちょっと無防備な心理状態で今回の新曲『Flare』に接した結果、みごとに体調を崩した。重い。まー仕事で疲れてたのもあるけど。

 

一曲に内包されてる情報量が多すぎる。

 

現実逃避とステイホームの気分転換のために読みすぎてる「なろう系小説」風に表現するならば、“自らが持つ魔力の強さを受け止めきれずいつも体調を崩している王族の人”状態になってしまった。要するに自家中毒?知恵熱?頭が痛い。

 

タイトルの『Flare』がポルトガル語でChamaなんだってのはTwitterでトレンドになってたから知った。

それに関しては皆んな博識ダナーと感心すると同時に「そんなあからさまな匂わせするんだ!?意外!」って驚いたくらい。

むしろそんな明確にダブルミーニングを忍ばせるくらい切羽詰まってるのかな?と若干心配になった。

(暫くして思い出したけどコレって確かポンツカのメールでそんなネタあったよね、うろ覚えでスミマセンがチャマのあだ名企画の後くらいだったっけ?ファンに分からせる気マンマンやな!)

 

そのネタを知る前に聴いただけでも正に現状の歌だなと感じた。藤原さんがこんな状況で全然関係ない曲をつくれるような人だとは誰も思ってないだろうけど。

私的には「ちゃんと」って叫ぶみたいに繰り返すのが一番うおぉぉと感じながらも考えすぎかな!と思っていました。

 

それに、YouTubeじゃなくて買った音源で、イヤホンで聴くとよりはっきりと感じるのだけども

声の凄味が凄い。

悲しみ、怒り、希望、絶望、諦めと焦燥、弱さと強さ、優しさと厳しさ、吐き出したさと隠したさ、言葉に表せない色々な感情を複雑に混ぜ合わせて

それぞれの濃淡をフレーズごとに変えながらどんどん畳み掛けていってその複雑な感情を静かに爆発させていくみたいな超絶技巧級の歌声が。

 

音源を買ったアプリの仕様上、『Flare』の再生が終わったら自動的に『Gravity』が再生されるのだけど、声の響きが全然違って毎回びっくりする。

どっちもそれぞれの曲に適した最高の声だけどね!

わたし声フェチなんで!

 

『Flare』にもし二重の意味がなくても、地球では生命の源である太陽光だけど、太陽では地球人のあずかり知らぬ激しい爆発(フレア)が起きているという解釈だけで納得できる歌声。

 

歌詞は全部がもう「うわあぁ」なんだけども、特に

落とさない ひと粒

壊れた心でも 悲しいのは 笑えるから

ってのはやばいですね。何がやばいって、こんなに藤原さんの視界みたいな曲なのに

ポンツカを聴くときの自分とかに重ねてしまうところですよ。

 

いつもどおり、藤原基央の歌でありながら聴いてる人の歌でもあるのだなあと思いましたよ。

 

そしてまだ暗中模索なのだなあ。

 

もう曲がドキュメントやん。暗中模索の中だから生まれてきた名曲に感動&歓喜する私がいるという歪みよ。

名曲が生まれるときの背景とファンの構図っていつの時代も歪んでるよな……それがショービジネスってやつなのかな…。

 

深淵がこちら側を覗きそうなのでここら辺で打ち切ったほうが良さそうだ。

 

MVは『友達の唄』をなんとなく思い出す絵面で、なんかね。

途中から聞こえてくるベースの音が誰のプレイなのか、それとも打ち込みなのか。

それを聞き分ける耳すら持ってない底辺リスナーなんだけども、

この構図でベースがブンブン聴こえたらくるものがありますよね。なんかね。

とっ散らかってきたので本当に打ち切ります。

MV観てからこのブログの文章を読み返すと我ながら何奴!?って感じだな、消さないけど。

趣味のファイリング《ポストカード収納その5 これが答えだ!》

簡単なあらすじ:

44枚のドラえもんポストカードブックをファイリングするために通販で購入したファイルが20枚収納用だった。

 

いろいろ調べて悩んだ挙句

f:id:nagatsukinijiko:20210206213023j:image

”20枚収納(表・裏表紙に2枚ずつ入れると最大24枚収納)の
ナカバヤシ「高透明 ミニポケアルバム KGサイズ」をもう一つ買って
綴り紐で二つ繋げる”

という結論に至りました。

f:id:nagatsukinijiko:20210206211847j:image

 

そうすればポストカード44枚と表紙(表表紙と裏表紙を切り離して2枚にしたもの)もちゃんと収納できる。

ベストではないけどベターでしょう!という着地点。

nagatsukinijiko.hatenablog.jp

↑ この記事で出てきた”つづり紐”がまさか伏線だったとは。

いやぁ~つづり紐って万能なんだなあ~。

一家に一袋、つづり紐(セル先)

 

ただし百均のは何回か結んで開いてしただけで擦り切れてきた経験があるのでオススメしません!コクヨとかライオンとかの20本で数百円のやつを使った方が長い目でみたらお得だと思います!

以上!

中島みゆきの『ファイト!』に苛まれる

1週間くらい前に、ゴールデンタイムの雑学番組(なんかここ数回ずっと「いま若者の間で昭和歌謡?昭和POPS?が大流行!」ってやってるヤツ)で

中島みゆきさんの『ファイト!』をほぼフル尺で流したことにより同曲がバズっていた。

若者…というより、Twitterのトレンドに上がってるのを見た感じでは、元々中島みゆきさんの曲や『ファイト!』に思い入れのある若者以上の人が嬉しがってたような印象を個人的には受けましたが…。

そしてWikipediaによるとこの曲が発売されたのは1994年なので平成6年なんだけど昭和歌謡のコーナーでやったのか??ん???

まあどーでもいーや。

 

私はこの曲はもちろん好きだし両A面の『空と君のあいだに』も好きです。

家なき子』は恐ろしくて観てなかったけれども。

 

しかしこの曲を聴いたり思い出したりする時、私は「お前は“闘わない奴ら”だ。尊い戦士を嘲笑う卑怯者だ。」と責められているような気分になる。

 

私はこの歌に出てくる人たちみたいに、拳に血が滲むほど理不尽な扱いを継続的に受け続けてはいない。

もしされたとしたら、立ち向かわず即刻ドロップアウトする。

すぐに水の流れに身を任せて流れ落ちていくタイプの人間です私は。嫌なことを極力避けてきた。それが長じてドツボにハマったりしたりしなかったりしたけど。

 

つくづく“闘わない奴”なんだ〜私って…。

闘ってるほうが絶対にそりゃあ尊いもんね。当たり前だ。

だからこの曲を聴くと後ろめたさを感じて辛い。自覚したくなかった「無関心によって無意識に加害者になってるんじゃないか」みたいな自分自身への猜疑心に苛まれる。

しんど。

 

あ〜ごめんなさい。文章力のなさから繊細ヤクザみたいになったわホントにごめんなさい。

ちゃんとこの歌で泣いたことだってあるくらい好きな曲であることは事実なんです!

何がしたいかってーと、ちょっと病んでるアピールしたかっただけですわ多分。

 

もし自分がこの時代に大学生だったと仮定して、

今般ヨシモトを辞めたあのニシノさんのオンラインサロンに出会っていたとしたら、

きっとそんなに嵌ってもないくせにオンラインサロンでちょっと見聞きした話だけで謎の選民意識を拗らせて周囲の学生たちにマウントとり友達を失いまくっていたんじゃないかって想像したら

仮想世界の自分が恥ずかしすぎて心が乱れてしまったのです。

「中二で太宰治人間失格』に出会ってなくてマジ助かった」と同じレベルで心が乱れたのです。

 

おやすみなさい。

 

趣味のファイリング《ポストカード収納その4 「ファイルを通販で買った時あるある」》

おもっきし失敗した………

「その3」で挙げてたファイルに、意を決して映画ドラえもんのポストカードブックを収納し始めてから気づいたんだ…

f:id:nagatsukinijiko:20210124145206j:image

「20枚収納」って書いてあるのを、私は勝手に「20ポケットあるから1ポケットに2枚ずつ入れたら40枚入る」って思い込んでいたんだ……

そしたら、よく見たら1枚の台紙の両面にポケットがあって、裏表合わせて20枚収納だったんだ……

上手く説明出来てないけど分かっておくれ…

f:id:nagatsukinijiko:20210124145531j:image

だから全ページ収納しきってからあと24枚のポストカードが残ってるの…どうしよ……

f:id:nagatsukinijiko:20210124145638j:image

しかも最後の1ページを入れるまで間違いに気づいてなかったという頭の回転の遅さ。

絶望だ…。

趣味のファイリング《ポストカード収納その3 ポストカードブックをどうするか問題》

 

コロナのせいで旅行なんて出来やしないご時世ですが、ポストカード収納を巡るthe Long and Winding Road はまだまだ終わる気配が無い。

 

ひとつ前の記事で考案したバインダーを、他のサイズのファイルたちと統一感を出すためにクリア白色で取り急ぎ2つ作成。

f:id:nagatsukinijiko:20210122204837j:image

手持ちのポストカード〈見る用〉を、入手した年の順にファイリングし

ケント紙でインデックスを作ってゴール。

f:id:nagatsukinijiko:20210122205143j:image

わたしはケント紙がインデックス自作にいちばん適していると思う。厚さと手に入り易さと、サイズの豊富さと。

 

これでポストカードファイリングの旅はゴールを迎えたかのように思えた。

が。

 

f:id:nagatsukinijiko:20210122205431j:image

↑これは、新たに入手した映画ドラえもんの40周年記念ポストカードブック。(映画館に行けないので東宝の通販で購入)

そう。ポストカードブック。

 

いま私の頭を悩ませているのは、一度にたくさんの枚数を入手してしまう「ポストカードブック」や「ポストカードセット」の存在だ。

このドラえもんのポストカードブックなんて、歴代40作品の全ポスターがポストカードになった超素敵グッズなので、オマケのオリジナルデザインも合わせて44枚もある。

f:id:nagatsukinijiko:20210122210312j:image

「ブック」の状態のまま鑑賞してもいいけど、手の油とか付くよな〜って思って手に取らなくなったら本末転倒だし。

 

他のポストカードと同じように冒頭のバインダーに入れたら、もうそれだけで1冊使ってしまってなんか勿体ないし。

 

そんなら、ポケットが固定されてるタイプの薄型ファイルを買ってこのポストカードブック専用にしようかなと思って買ったのがこちら。

f:id:nagatsukinijiko:20210122210303j:image

セキセイ高透明ミニポケフォトアルバム KGサイズ。KGサイズだと大きめのポストカードも入るので安心。

 

20ポケットあるし、表紙にもポケットがあって入れられるようになっているから、2枚ずつ入れたらちょうど44枚入るじゃな〜い?ナイス!と思って買ったんだけど ←※これ誤りでした。詳細は「その4」参照。

「ポストカードブックの表紙」はどこに入れるの!?という壁にぶち当たり、現在ちょっと悩み中です。

 

表紙だけ他のポストカードと同じバインダーに綴じて、そこに「中身は“別冊”へ」と書いておく“母艦方式”をとるか…

表紙も無理矢理(ファイルの)表紙ポケットに入れて、見られなくなるポストカードがあっても良しとするか…

別の、もっとポケット数の多いファイルを買うか…

ファイリングを諦めてそのままで見るか…

 

悩ましいっ!

しかし世界一平和な悩み事であると言えよう。

ここ数週間このことをずっと考えいるけど答えはまだ出ていない。

 

 

趣味のファイリング《ポストカード収納を巡る旅はまだまだ終わっちゃいなかった》

趣味のファイリング 《ポストカード収納の遥かなる旅路》 - LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

↑この記事にて完結したと思っていたポストカードの収納およびファイリングの件。

はじめは『美術館や博物館で買った記念のポストカード専用』という意識でファイルを作ったので、ある程度までの厚みで済んでいたのだが

そのうち「博物館で買った仏像のポストカードと奈良のお土産屋さんで買った仏像のポストカードを分ける意味ないよな」とか、

「『りぼん展』で買った岡田あ〜みんのポストカードが入ってるならヴィレッジヴァンガードで買ったドアラのポストカードも入れるべきでは」とか、

万博記念公園の中にある国立民族学博物館で買ったポストカードと、同じ日に万博記念公園のお土産屋さんで買った岡本太郎のポストカードは一緒に入れときたいよなあ」とかアレコレとエスカレートして大容量になり

f:id:nagatsukinijiko:20201221160715j:image

ルーズリングでは賄いきれずにつづり紐3本でとりあえず綴じとく、という末路を迎えてしまいました。

 

これはなんか不細工だなあ

でも2冊目を作るの面倒だなあ

 

と思案しながら目に止まったのが

クローゼットで埃をかぶっていた

前の職場で使ってた私物の2穴リングファイルコクヨ製。
f:id:nagatsukinijiko:20201221160732j:image

2穴バインダーは金具がファイルの中央付近にしか付いていない。

ということは、ハガキに適したサイズに表紙をカットできるのでは?と目論み…

f:id:nagatsukinijiko:20201221160736j:image

左右各8cm、上下各7cmをオルファの太いカッターで根気よく何回も何回もなぞって切り離し

(手がめっちゃ疲れる)
f:id:nagatsukinijiko:20201221160728j:image

キッチンバサミで適当に角っこを丸く切って

ネイル用のヤスリでバリを取って

いまやどのご家庭にも常備されている消毒用アルコールで油性ペンの下書きを消せば出来上がり!!

 

と思いきや、

イレギュラーサイズのポストカードのために手作りしたリフィルは穴の位置が合わない!

キングジムのリフィルは2穴に対応できるように調整されているからそのまま使える。
f:id:nagatsukinijiko:20201221160740j:image

急遽リフィルも作り直して

f:id:nagatsukinijiko:20201221163319j:image

(↑国立民族学博物館売店で買ったイヌクシュクのポストカード(自慢))

 

完成!!

 f:id:nagatsukinijiko:20201221163332j:image
f:id:nagatsukinijiko:20201221160723j:image
↑1枚目の写真と同じ枚数のポストカードが収納できた。(72枚)

 

サイズ的には、無印良品とかにむかーし売ってた『リフィルが入れ替えできるCDファイル』みたいなイメージ。

てことは今ソレがあればコクヨの頑丈なファイルを切り取って手を痛めなくても良いんだろうか…。売ってないけど。

 

何はともあれ、コレなら結構な枚数が入るし、見た目も悪くないので

私のポストカード収納の定番にしていこうかなと思っているところであります。

 

以上。