LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ。ブーメランな意見を述べがち。更新が多いときは調子が悪いときです。勢いで書いて公開して消すことがあります。

最近の歌詞と同じことを10年以上前のインタビューで喋ってた男、藤原基央

f:id:nagatsukinijiko:20181111111222j:image

2002年6月10日号と2003年3月10日号のロッキングオン・ジャパンを手に入れた。

このころは月2回(10日、25日)発行。版型がでかい。

近所のブックオフで音楽雑誌が枯渇したため、この2冊はそれなりのサブカル古本屋さんで定価の3倍くらい積んだ。積んだ甲斐があった。

といっても月2回発行だけあって定価は490円でなんだけどね。

 

2002年6月10日号は、アルバム『jupiter』のツアー「POKISTA21」のレポートとツアー終了後のメンバーインタビュー。

表紙の写真はファイナル直後。メンバーが着ているのがライブグッズのポキスタ君Tシャツなんだろうなあ…。デザイン尖り過ぎだわぁ。

2003年3月10日号は『ロストマン』発売後の藤原さん単独インタビュー。

藤原さんの眉毛と目が見えている。 (写真にフィルターかけたらちょうど隠れたけど)

 

 これ10年以上前の発言なんですよ?

【ライブが終わって】

藤原「あとは帰るだけなの。家に。で、耳鳴りと一緒に寝るだけなの。バンドやっててよかったなって思うよ、ほんと。」

(中略)

藤原「いや、ほんと寂しさと添い寝だよ。それが幸せなんだけどね。」

(ROCKIN'ON JAPAN 2002年6月10号)

 

鹿野「絶望も希望も、(中略)ほんとに同じだよね。背中合わせっていうか、隣り合わせっていうか。」

藤原「似てるよね。似てるっつうか、兄弟っつうか同一人物っつうか。」

(ROCKIN'ON JAPAN 2003年3月10日号)

 

それぞれ『You were here』と『望遠のマーチ』をリリースしたとのインタビューだよって言われたらきっと騙されると思う。

前者は『You were here』の「鼓膜に残る耳鳴りと二人で 一人の夜に戻る」、「頭の中は片付かないままで 枕まで帰る」をすぐに思い出したし、

後者は『望遠のマーチ』の「希望 絶望」、「絶望 希望」を彷彿とさせるじゃないですか?

 

『You were here』の配信が2014年だからおよそ12年前

『望遠のマーチ』の配信が今年(2018年)だからおよそ15年前か。

何なん、この芯のブレなさ。脅威ですらある。 

私なんて15年前はビストロスマップで聞きかじった知識で「キノコは包丁で切らない。手でちぎるんだ!」とか言ってたくせに今では包丁で切りまくりですよ。ブレブレですよ。

 

だからこそそういう生き方に憧憬を抱くのかもしれないな。本人たちにとってはそういう見られ方は本意じゃないのかもしれないけどね。

でも本人たちの視線を意識しながらファンでいるってのも度を超すとしんどいからなあ。

「ブレない芯のまっすぐさを信用している」、「良い曲・いいライブを届けようとしてくれると信じている」という意味では「信者」ではあるしな。狂信者、信奉者にはなりたくないけども。

やっぱり “アラフォーになっても「教室の後ろの黒板の前でバカなことやってる男子感」を維持すること”日産スタジアムのライブを大成功させること” を両立させちゃうミラクルな人たちには憧れるでしょうふつう。

その背景には凄まじい努力とか何とかがあったんだろうと思うしね、ふつう。

 

ん?わたし正気だよね?大丈夫だよね?

システム手帳のリフィル自作は楽しいな〈その2〉

3月に、専用ソフトで作った自作リフィルについて書いた。

システム手帳のリフィル自作が楽しすぎる - LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

そして今回は手書きの自作リフィルを自信満々にご紹介したい。

 

なぜ手書きかというと、元々のリフィルに印刷されている方眼の罫線を活かしたいけど、家庭用パソコンでソコにきっちり重なるように印刷するのは至難の技だから。あと用紙のキワッキワまで使っているから。

 

ということで早速、こちらが自作リフィル「映画公開日備忘録」です。

f:id:nagatsukinijiko:20181104210427j:image

(横軸の数字は月)

とりあえず気になった作品は何でもここにメモっておいて。

青ペンの「」印は「ムビチケを買った」の意味。

観たら赤ペンで「」印を記入する。

やっぱり観ないな!ってなった作品には青ペンでバツを。

 

そしてほぼ同じフォーマットのこちらが「展覧会開催期間の備忘録」

f:id:nagatsukinijiko:20181104210757j:image

こっちは、行こうが行くまいが、開催期間が終わったら赤ペンで「」印を記入して〆ることにしている。なぜなら殆ど行けてないから。

 

文具店にあった観測野帳の使用見本でこういう使い方をしてたのをパクりました参考にしました。

Bindexの3.5mm方眼罫がバッチリ嵌って嬉しい限り。

こういう備忘録があると、「行くかどうか迷ってたアレに今なら行けそうだけど、『アレ』って何だったっけー!?」ってなる心配がないし、

何よりリアルが充実してるような錯覚を自らにかけることができるのでおススメです。(「未来にはこんなに楽しそうなイベントがいーーっぱい!」みたいなマヤカシ。)

 

これらは3月に投稿したような「私以外の誰も欲しくないフォーマット」とは違って色んな人の役に立ちそうだと一人で勝手に思ってます。

インスタとかムック本とかでカラフルでデコデコしいシステム手帳を見るたびに、そういうセンスが皆無な私はめっちゃオルタナティブな気分になって、

「ただひたすらシステム手帳の機能美を探求するのみ…!」

みたいな厄介な承認欲求に支配されるんですよ。

なのでこの投稿はそういうアレです。ご査収ください。

あさって髪を切りに行きたいけど美容師さん達がハロウィンの仮装してたらやだなあ

毎年「スタッフみんなで仮装したんですよー」って写真見せられるんだよなあ。

 

髪を切りに行くのに都合のいい日がちょうどハロウィンなんだけど。

この土日にその仮装大会が終わってたらいいが、律儀に日付を守ってたらどうしよう。

ちゃんと楽しそうなリアクションできるだろうか。無理だろうな。仲良いんですねーくらいしかポジティブなコメントが出てこない自信がある。

 

美容関係の人たちはやっぱ外見を工夫するのが好きなんだろうねえ。でもこちらとしては

シロウトが雁首そろえてミニオンズのコスプレしてるの見て何が楽しいねん。

てのが正直なところよ。顧客サービスちゃうやろキミ達がお祭りしたいだけやろ。

 

ハロウィンの仮装で楽しみと言えるのは、

(1)バンプ メンバーの仮装

(2)ハロウィン付近のライブにてアンコールでおっさん達(バンドメンバー)がドンキで買った仮装で出てくるやつ

(3)甥っ子と姪っ子の仮装

世の中でこの3つだけですよ。

要は好きな人以外のコスプレには興味ないってことか。

このうち1と2は別に無理はしなくてもいいからね〜くらいのテンションですし。

1は去年なかったので今年はどうだろうね?

 

RADIO CRAZY 2018 のチケットを手に入れた。ド平日開催なのに。

BUMP OF CHICKEN幕張メッセで行われるCDJカウントダウンジャパン)フェスに出演する。

「年末にフェス遠征は無理だし4日通しチケット35,000円とか無理すぎる。CDJの流れでレディクレにも出やしないのだろうか」と、ワンチャン狙いで申し込んだ FM802 RADIO CRAZY @インテックス大阪の2日通しチケット17,000円。

 

10月24日、BUMPのCDJ出演日が12月28日だと発表された。12月27日・28日開催のレディクレに出演する可能性はほぼ消えた。それでもまあ the pillows もスガ シカオもUNISON SQUARE GARDEN も出るからBUMPが出なくても全く損ではないよな~、アイドル出ないし、とか軽く考えていた。

そして12月28日(金)がいわゆる「仕事納め」であり、全くの平日であると気付いたのはチケット当落発表の前々日だった。(=キャンセル不可能)

なぜ12月28日を休日だと勘違いしていたのだろう。

1日くらい(12/27)の年休なら取ったろうと思っていたのだが。

年末に2日間の年休か…。

ま、いけるか。

 

そして臨んだ当落発表。当選した。

月曜に年休の申請しようっと。

こんなナメた仕事っぷりでも怒られない職場(安月給)も今年度限りで契約満了なんてなあ。胃が痛い。

 

それにしてもこの日程ではどう転んでも客層は学生さんばっかりだろうねえ。インスタで「#レディクレ2017」検索したらみごとにそんな感じだったわ。怖い。

やべえなあ。なるべく後ろの方でまったりしとこう…と思ったら思ったで、どうやらレディクレは導線が悪くて移動しづらい上に入場規制かかりまくりらしい…?

うかうかしてたらお目当てのバンド見れないのか。

 

そんなこんなを色々調べているうちに、「BUMPが出演してファンにより会場がプチパニック状態になる&私の心身とも疲れ切る&入場規制でお預けの可能性ーを考えたら、逆に最初っから出演してない方があきらめもつくしそっちのほうが良いわ」という逆の感情が芽生えてきた。

なのでこれでいいのだ。人生には諦念が必要なのだ。

とか言いつつ、どう考えても酸っぱいブドウ理論でしかないので、万がイチ来てくれたら狂喜乱舞するんだけどね。自律神経が乱れるわー。

 

CDJでは『月虹』もやるのかなあ。ウチ「からくりサーカス」やってない地域だからほぼ全く聴いたことないんだよなあ。聴きてえ。

==========================

追記:

この記事を投稿してから気付いたけど、私のペンネーム(?)「長月 虹子」って『月虹』が入ってんじゃん。ヤバーーーイ!!

これは語彙力が低下してもやむを得んわ!

テキトーに付けた偽名だから今の今まで気づいてなかった。

無駄にテンション上がってきた!!うぉぉこのエネルギーを向ける場所が無え!!

億男を観た。

前回の記事の流れからして、「ひょんなきっかけで観たけど、めっちゃ良かったよ!」っていう感動を味わえるかと過度に期待していたのだが。

普通に良かった。

…みたいな。

 

直後はそんな感想。

 

ロッコ旅行の途中でトイレに行ってしまい、しかもちょうど別の映画が終わったせいで並んでたので、なぜ大学生の頃から九十九がお金持ちだったのか分からずじまいなのが悔やまれる。

ちなみに私のiPhoneとPCは「くつも」で九十九に変換されないので「きゅうじゅうきゅう」と打ってます。辞書登録するほどでもないし。

 ↑ アホな私の勘違いでした。正しくは「つくも」です。ちゃんと変換できました。

「お金とは?」とかポスターに書いてあったような気がするけど、“お金を巡る冒険”というよりは

「“お金について探求し生きてきた九十九という人間”とは?」がテーマなんじゃないかと疑っている。

 

観て暫く経って数日のあいだ、「九十九はあの時どんな気持ちでこうしたのか」とか何かずっと九十九のことを考えている。

九十九を描くことでお金の正体を描いているのか、お金の正体を知ろうとすることで九十九という人間が浮き彫りになっていくのか。その両方なのか。

あんまり難しいことは私には分からないけれど。

これだけ後を引いているというとは、「億男」はけっこういい映画だったんじゃないだろうか。

じんわり聴いてくる映画だ。

 

BUMPのMステ2度目の出演のせいで映画「億男」を観ることになった。

2018年10月19日 ミュージックステーション2時間スペシャ
BUMP OF CHICKEN 『話がしたいよ』

映画「億男

映画館でチラシをはじめて見たときから「あ~また売れてる小説を売れてる俳優で映画化ね。」という先入観まみれの悪印象しかなかった。

BUMPが主題歌を担当すると発表されると同時に予告編が公開されたときも、

“新感覚マネーエンターテインメント”というキャッチフレーズと映像の内容とBUMPの壮大な旋律との間にギャップがありすぎて、混乱の末「よく分からない映画」と判断し敬遠していた。

『話がしたいよ』のフル尺を聴いた後にも「サビじゃなくて他のフレーズを切り取った方が予告編を上手く表現できたんじゃないの?この絶妙な名曲を活かしきれてなくない?」と戸惑いまくり。

 

BUMPがMステに出るニュースに対しても「主な目的は『億男』の宣伝とちゃうん…?何なんメンバーの家族が誰か人質にでもとられてるん?」と不信感バリバリ。

主演の俳優さん(佐藤健さん&高橋一生さん)が「応援ゲストとして登場」というお知らせで「やっぱり…!映画ありきか!」と確信。

 

ところが蓋をあけてみるとどうでしょう。

藤原さん曰く「今日初めてお会いした」ふたりの俳優さんが、メンバーのトークを終始補ってくれて、

演奏直前の機材セッティング中はずっとタモリさんとトークを繋いでくれて

しかも高橋一生さん超BUMPファンで

ものすごく有り難き助っ人さんたちだった。TVに出慣れている人たちが補助してくれるのって心強いね。

スタジオでパフォーマンスするにもかかわらず、BUMPが拘る(そしてファンも拘る)生演奏を実現するために配置された特別シフトだったんだねえ。

ありがたや。

まあ当然映画の宣伝もしていたけれど。

 

そんな感じで、自分の中の映画「億男」に対するイメージが一気にクリーンになったのであった。

 

当然BUMP OF CHICKEN の演奏は素晴らしく

TVって演奏の一つ一つをじっくり観察できるから細かく感想を言い出したらキリがないんだけど、

良いライブをTVを通じて観ることができた。

「ガムを紙にペッてして」と歌う時の藤原さんに注目しようと事前に思いつつ

でも藤原さんのことだから無表情で普通に歌う未来しか予想していなかったけど、

ちょっと顔を横に振って「ペッ」ってしたというどうでもいい事実に興奮した。

あと終盤でギターをピック弾きから指弾きにすばやく変えるためにピックを投げるのも何だかとてもイイヨネ!

 

何を隠そう私は前回の初出演時のMステ(『虹を待つ人』と『ray』)がきっかけでバンプファンになったので

今回の演奏がきっかけで初めてバンプが好きになった人もたくさん現われたんじゃないかと思う。

そのひとたち!(←呼びかけ)

おめでとう。あなたにとっての新曲(知らない曲)が沢山あって、素晴らしい曲ばっかりです!

知り合いにはなれないけど一緒に楽しみましょうねー。

 

そして「億男」のムビチケを買った

金券ショップで。

もう公開日を過ぎているから映画館では買えないのです。

でも金券ショップで買っても定価(前売り券の定価、1400円)ですからね。流通経路どうなってんだろ。

f:id:nagatsukinijiko:20181020205723j:image

興味なかったはずの「億男」を観ることになったのは明らかにMステのせい。

Mステを舞台に繰り広げられた全力の宣伝に引っかかりました。たいへん気持ちよく。

それに「CUT」11月号(BUMPが表紙&インタビュー)によると砂漠で○○するらしいのでわりと興味も湧いてきた。

 

余談ですが無駄に気になってるのが、映画館(主にTOHOシネマズ)で買った別の映画のムビチケは裏面のスクラッチが金色なのに対し、金券ショップのそれは銀色であること。ちゃんと有効なんだろうか…ドキドキ。

f:id:nagatsukinijiko:20181020230047j:image

私の記憶では、TOHOシネマズで売ってるのも昔は銀色だったけど1~2年前から金色に変わった。理由は分からない。

TOHOシネマズで買った「億男」も銀色なのかな?確かめる術もないしそこまで興味もない。

これに限らずチケット類って色々なアレコレが絡んでるから謎な部分が多いですよね。

金属と陶器は偉大

ずーっと美味しそうだなー食べたいなーでも高いなー(千円弱)って思っていた甘い食べ物を食べたんです。食事も出す甘味屋さんで。

そしたら、木か竹で出来てるスプーンが付いてて、それですくって食べるのだけど、

そのスプーンに他の食事モノの味が染み付いてて

薬味みたいな味が染み付いてて

ひと口食べるごとに気持ち悪くなった。

「金属のスプーンに変えてください」と店員さんに言おうかと思ったけど、なんか“本部の人”みたいなおじさんが支店長みたいな青年と話してたから遠慮した。勇気がなかったのもある。だからココでグチグチ言った。店名は出さないので見逃して欲しい。

 

オシャレなカフェとかで木製のカトラリーやら食器やら、果てはちっちゃいまな板みたいな物にオカズと五穀米が乗ったりしてるけど、衛生面で考えたらああいうのは怖いなと思った。

だって染み込むもん。色々なものが。身を以て知ったもん。

うどんか蕎麦かは忘れたけど、麺を乗せてたザルの裏にカビが生えてた事件もどこかであったはず。

逆に衛生面に気をつけてるお店だったらどんなにロハスを標榜してても木製食器はめちゃくちゃ薬品で消毒してるんじゃないかと思う。不衛生か薬品まみれかどっちがいいんだろ分からない。

 

なので、私は今回のことで金属のカトラリーと陶器の食器の良さを再発見した。衛生第一。味も移らず丈夫。洗剤だけでOK。

雰囲気で選んで本質を見失ってはいけませんね。

 

トイレが21世紀の今もなぜ陶器製なのか?

臭いが付きにくくて衛生的だからでしょう!