LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ。ブーメランな意見を述べがち。更新が多いときは調子が悪いときです。

ピロウズの曲を聴きに映画「フリクリ」を観ても楽しめるのだろうか?

公開は秋。

f:id:nagatsukinijiko:20180720204550j:image

取り敢えずムビチケを買っておいた。

前売り券を買ったからにはきっと観るんだろうな。

 

しかしフリクリって、YouTubeや予告編を見ても「昔ながらの玄人向けアニメ」感が強くて、なんかよくわからんなあ……というのがオバちゃんの正直な感想なんやけど、「重神機パンドーラ」を3話でリタイアした私でも楽しめますでしょうか?

 

ちなみに、特典のピック型キーホルダーはシークレットが当たった。

f:id:nagatsukinijiko:20180720205619j:image

私としては女の子の絵がない方が使いやすいかもな…。

 

一緒に『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねえんだよ!!』のムビチケも買おうとして、

『声がちっさいんだよ!』みたいなヤツも下さい」って言ったら店員さんが調べてくれてタイトルは判明したものの、明日発売だった。

『パンク侍 切られて候』………

3連休の初日の土曜なんて、映画館に行くもんではないね。

上映中ずーーーっと鼻をかんでいるお客さんがいた。

f:id:nagatsukinijiko:20180715151700j:image

私は毒にも薬にもならない映画が好きだ。

というか、毒にも薬にもならない映画しか観たくない。

私が映画を観る目的は、映画が好きだからとか好きな監督がいるからとかではない。仕事や人間関係で疲弊した頭に、別世界の出来事を詰め込んでクリーンにするためだ。

正にこの映画に出てくる腹振党の信者マインドなのだ。

 

だから、名女優の重厚な感動大作とか、動物を使って明らかに泣かせに来てる映画とか、ご老人が亡くなる予感のする映画…要するに脳みそが疲れそうな作品は避けまくってここまで来た。

私は感情を揺さぶられたくないベクトルの範囲が広すぎるのだ。

友人に誘われて観た『怒り』がトラウマになってからは、一層その思いが強い。

(『怒り』にも綾野剛出てたなあ…。)

 

だからこういうフランス映画みたいな(←フランス映画なんて観たことないけどイメージで)観念的な入れ子的な、検討をしないと理解できないような、「よう分らん」と言ったが最後、低能扱いされそうな映画は苦手だ。

 

※以下、ネタバレしてます※ 

 

フェスの民(及び同等のマインドな人々)をディスってるのは分かった。

特に、腹振り党のフラッグへの寄せ書き(「運営に不満はあるけど…」云々)は笑った。

フェスの最後に打ち上げ花火は付き物だしね。

「自分をユニークだと思い込んでる人々」とか、「何でもいいのだ。夏フェスでも、反戦デモでも。」とか、全編をとおしてJ-Rockフェスフリークをあの手この手でディスっていたこととか、

最終的に「流されないで一人で生きてくぜ。パンク侍だぜ。(うろ覚え)」的な、俺はあいつらJ-Rock勢とは違うんだぜ!パンクロックだぜ!と孤高を気取った主人公が、最終的に大衆と同じように刺されて死んだのは「オマエも大して変わらんぞ」ってことなのかね?

私たぶん的外れなこと言ってるよね。

 

…なんつって、ようわからんのにこんな風に色々と考察してしまうのが嫌なんだよなあ!

 

===============================

 

一番お気に入りのシーンは、お殿様に理屈を説明しながら猿回しを見せるところです。ああいうの大好き。

 

そして映画館からの帰り道、酷暑の夕暮れ時を自転車漕ぎながら、こんな殺人的な暑さのなか夏フェスに参戦する人達すげー気力体力よなー、と尊敬の念が湧いても来た。

MUSICA 2018年8月号

表紙:BUMP OF CHICKEN

巻頭特集:藤原基央インタビュー

f:id:nagatsukinijiko:20180714223705j:image

JAPAN のインタビューでも思ったけどさー

めっちゃ歌詞とか曲構成のネタバレしてくるやん。

うちらは未だフル尺で聴けてないどころか、フルで聴けるのが数ヶ月後なのか何年後なのかも確定してないってのにね?

イヤ、別に怒ってるわけじゃないんだけどさ。

早くフルで聴きたいって気持ちがウズウズするしそれは幸福な欲なんだと思うから良いんだけどさ。

 

鹿野さん(インタビュアー)、「望遠のマーチ」の歌詞の一番大事なオチっぽい歌詞のネタバレしよったやん。

いわば「グロリアスレボリューション」の最後の部分を聴く前に言っちゃうようなもんでさ。

それがどうとは言わないけど。

「天体観測」を解禁前に流しちゃうのと比べりゃ全然なんでもないけど。

 

要するに早くフルで聴きたい。

でも雑誌でこういうインタビューが載るってことは、その時が暫く来ないが故なのかもしれない予感はする。

 

余談

表紙でメンバーが座ってる丸いのは、立体駐車場で車を乗せて回りながら地下に降りてく円盤(ターンテーブル的な)ですかね?

勝手な確信だけど、あのクルクル回るヤツ、絶対メンバーみんな好きなはず。

 

PATHFINDERサコッシュは寺社めぐりに最適

趣味は寺社巡りのついでの御朱印収集。

ゆうても3年で1冊の御朱印帳が埋まるペースですが。

 

世間が御朱印ブームなので、捻くれ者の私はブームが下火になるまでは積極的に寺社巡りするモードになれない…などと思いつつも哲学の道界隈を散策したりした。

その時に役立ったのがバンプのPATHFINDERツアーグッズのサコッシュ

f:id:nagatsukinijiko:20180405213213j:image

御朱印帳とサコッシュの大きさ比較はこんな感じ。ジャストフィット。

f:id:nagatsukinijiko:20180405213320j:image

京都市バスの混雑が嫌いな私は、歩けそうならとにかく歩くためリュックを背負っている。しかしそうすると頻繁な荷物の出し入れが難しい。

しかも昨今の御朱印ブームにより授与所はどこも行列で、カバンから御朱印帳をゆっくり出し入れするスペースと時間が無いことが多い。

そこでこのサコッシュを、リュックとは別に四国八十八ヶ所巡礼の人みたく首から下げてお寺を巡ってみた。そしたらまあ便利だった。

あと、バンプグッズを身につけている時は「クソなファンがついてるバンド」と思われたくないためにマナー等にいつも以上に気をつけるし努めて大らかな気持ちになるので、結果として良い旅になる。という副次的な効果もある。

なので、「サコッシュを買ったけどもうツアー終わったし、他のバンドのライブで身につける度胸もない」って人は是非お寺を巡ってみて欲しい。

 

ちなみに「ついこないだ京都に行った」みたいなニュアンスで書いてるけど、椿の季節に行ったのでした。

f:id:nagatsukinijiko:20180405222530j:image

(下書きに突っ込んだまま放置してた)

 

 

耳鳥斎マイブーム

f:id:nagatsukinijiko:20180530225041j:image

「江戸の戯画」展  @大阪市立美術館

開催期間:2018.4.17〜6.10

 

ここで展示されていた、「耳鳥斎」(にちょうさい)という人が書いた地獄絵巻の中にある

「ところてんやの地獄」という絵に一目惚れした。

絵のタイトルから読み取れるように、地獄絵と言っても「オモシロ地獄」ばっかりのやつです。

 

図録の写真を撮って載せたいところなのだが、

こういうのの著作権関係がよくわからないし、好きが昂じて数年ぶりに絵筆(筆ペン)を取ってみたのでこちらをどうぞ。

f:id:nagatsukinijiko:20180611223511j:image

一番好きなポイントである、「トコロテンとして押し出される寸前の亡者」の表情に失敗したので、そこだけアップで描きなおしたがこちら。

f:id:nagatsukinijiko:20180611223800j:image

実物はもっと「こっち見んなwww」って言いたくなる可愛さです。

下にパッパッパッて引かれたよくわからない線もイカしてる。

 

第二のオススメは「四醒之図」の中にいる豊干禅師。可愛い。

f:id:nagatsukinijiko:20180611225108j:image

これは掛軸で、持ち主が「高麗橋 吉兆」となっている。吉兆の高い部屋とかに飾られているのだろうか。羨ましい。

 

江戸時代にこんなにラフで愉快な絵があったんだー!と驚き、嬉しくなった。

しかし大阪周辺で人気があった絵師らしい。大阪っぽいもんなあ。

 

ここで私は、近い将来、日本に耳鳥斎ブームが来ることを予言したい。

東京の大きい美術館で耳鳥斎展が開かれて、東京近郊の人が行列を作るであろう。

美術館からの帰りに梅田駅の紀伊國屋書店に行ったら、美術の棚にちょっとした耳鳥斎コーナーが作られてたので、私以外の多くの人の琴線に触れたのは間違いない。それだけが根拠。あと私が好きだから。

 

他にもたくさんいい作品があるし、無料で1冊丸々公開されてる本(「かつらかさね」)などもあるので、何かの弾みにここまで読んじゃった優しい人は、ぜひ検索して見てみて欲しいです。ではでは。

 

 

 

6月1日 ピロウズ、6月2日メリー・ポピンズ

この二日間は深い呼吸がしやすかった。

ピロウズで流した汗と同じくらいの量の涙をメリーポピンズ で流した。

「音楽に命を救われる」っていう常套句は、あながち大袈裟じゃない。

そんな二日間だった。

 

(それぞれ、ほんの少しずつだけどセトリバレ&ネタバレあります!)

 

the pillows RETURN TO THE THIRD MOVEMENT vol.2

@大阪BIGCAT

f:id:nagatsukinijiko:20180610204824j:image

ピロウズのライブは久し振りで、stroll and roll ツアー以来。

この、一曲目から客席が全開な感じも久しぶり。

『White Ash』が終わった時に、近くの男性がその人のツレに「良過ぎ!」って言ってて、

そうそう良過ぎなんだよピロウズのライブって。なんでいつもこんなに良過ぎんのか分かるような分からない感じ、分からなくていい感じは最高だよな、などと支離滅裂な同意を心の中で叫んでいた。

 

MCではさわおさんの姪っ子の話をしていた。

さわおさんが叔父さんだったらそりゃあ懐くよなー。

社会人になりたての姪っ子にいい顔するため高いバーで散財した〜からの流れで、「しかし俺は近々金儲けする予定がある!」と言い出したときは

吉本新喜劇にありがちなストーリーが頭をよぎったけど、7月に実施するアメリカのライブツアーのことだった。

秒速で即完おめでとうございます!!

 

 

ミュージカル「メリー・ポピンズ

梅田芸術劇場メインホール

f:id:nagatsukinijiko:20180610204852j:image

演技の主役はメリーポピンズ だけど、ストーリーの軸はジョージ・バンクスの救済。…と私は解釈した。

映画「ウォルト・ディズニーの約束」(原題:Saving Mr.Banks)で冒頭からボロ泣きだった労働アレルギー患者こと私の琴線に触れまくり。

バンクス氏の一言一言が痛々しくて、バンプの『HAPPY』の歌詞に出てくる少年少女のことを思い出したりした。

特にミスアンドリューが出てきてからのバンクス氏の様子には、心が傷んでしょうがなかった。

 

もっと愉快一辺倒なイメージで臨んだのに不意打ちで、こっちも「良過ぎ!」だった。

ミュージカルには全く詳しくないことを予め断っておくけど、

歌もダンスも演出も良かった。

映画の有名曲が映画とは違うタイミングで出てくるけど全然違和感ないし、メリー役の濱田めぐみさんの声や演技も好きな感じだった。あと凄く上手い。

一番好きなシーンは、家宝の壺が割れて悲しむより先に、幼い頃に失くした「ジンジャーブレッドの星」を見つけたバンクス氏が無邪気に喜ぶところ。

バンクス氏と仕事したい…。

 

今回は安いB席だったので、もし再演されるなら次はA席で観たい。再演希望。

 

ボーカルの歌声が芸人の声に聞こえる問題

CDを聴きながら、ふと

「あれ?このボーカルの声…芸人の○○の声に似てない…?」

と感じたことはないだろうか?

 

私は、バンドB(バンプではない)のボーカルの声がフットボールアワーの岩尾さんに似ていると思えてしょうがないのだが、誰に言っても共感を得られないどころかディスってると勘違いされて嫌な顔をされたりする。

 

また、私がまだ10代の頃、バンドTのボーカルのソロ名義の曲「Try Boy, Try Girl」をダビングしたカセットで聴いていたところ、妹から

「お姉ちゃん和田アキ子の歌聴いてんの?」と嘲笑われて以来、彼の声は和田アキ子にしか聞こえない。

(そして妹はそのことをすっかり忘れている。)

(そして私はある決定的なきっかけがあって和田アキ子が好きではない。)

 

Coccoの歌声は大好きなのだが、昔のバイト先の嫌いな先輩の声に似ていて時々妙な胸騒ぎがする。

 

そして今、海外バンドSのボーカルが千鳥のノブに聞こえる症状に見舞われて困っている。

 

こないだ「人の声が聞こえても何を言ってるかわからないことがある。あと時々耳に水が詰まったみたいになる。」と、耳鼻科(初めて行ったところ)で診てもらったら

「聴力検査は正常。水が溜まったようになる原因は沢山あるので分かりません。

何を言ってるかわからないのは脳の問題かもしれないけど聴力は正常なので気にしないで」

と切り捨てられ、

何のために病院に行ったのか分からなくて失望した。

聴力検査の前に「音は聞こえてる」って自己申告したやん?

 

しかし、前から薄々と自分の脳は正常ではない自覚があったけど、やっぱり脳になんかあるんか…サラッと突き刺された。

 

百貨店の「フランス物産展」とか、自分の生活圏から懸け離れた情報が氾濫する売り場に行ったときに、

「見えてるのに、どこに何があるのか『分からない』」という状態に陥ることがある。

聴覚に関してもこれと似たような現象なのかなーと自分で考察したりしてるけど、これが脳の機能不全で健常よりも劣ることなのか、それとも一般的なことなのか、とか分からなくて不安。

 

この「ボーカルが芸人の声に聞こえる」現象も脳の誤作動なんだろうか…

楽しいっちゃ楽しいから良いのか…?

岩尾&ノブは別に嫌いではないし。むしろ好きだし。

 

とりあえずあの診療所には二度と行かんクソ。患者の人数捌くしか考えてないんか。