LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ。ブーメランな意見を述べがち。消しがち。更新が多いときは調子が悪いときです。更新がないときはもっと調子が悪いときです。情報商材いりません。

ドクターグリップへの回帰

わたしが学生のころに流行っていたドクターグリップのシャーペンは

人間工学にもとづいた太さのグリップで疲れにくいのが売り文句で、「人間工学」が巷に流布するきっかけのひとつとなった。たぶん。

 

私はそもそもドクターグリップに使われているようなソフトシリコンのグリップが好きではない。すぐ劣化&変色するので。

目下のお気に入りはモノグラフ。頭に繰り出し式の消しゴムがついてて便利なやつ。

仕事・プライベート共にチマチマとした字を書くので、最近は0.3mm芯のシャーペンばっかり。

f:id:nagatsukinijiko:20210427213418j:image

〈MONO graph〉この写真ではグリップが半透明なのでシリコンぽく見えるけど硬いプラスチックです。

 

そんな私がシリコングリップの代表格とも言えるドクターグリップに回帰したのには理由がある。

 

1年以上サボっていた「読書ノート」の習慣が復活したからだ。

読書ノートって人によって形式は様々だけど、わたしは要点をまとめたり書き写したりして1冊につきB5ノートに3ページくらい書く。(本当はもっと少ないページで上手にまとめたい)

しかもキャンパスノートのA罫(7mm)の中に2行書いたりする。

f:id:nagatsukinijiko:20210429162940j:image

そしたらめっっちゃ指が痛くなったのだ。0.3mm芯なのでより指に負担がかかっているのかもしれない。

そのときドクターグリップのことを思い出した。

 

大学受験の勉強してる時は、スマッシュみたいな製図用シャーペン(細軸)とドクターグリップ(太軸)を指の調子によって持ち替えながら問題集を解きまくってたんだった。

どの太さが良いとかではなく、とにかく指が固まって痛くならないように工夫しながら勉強してたあの頃のわたし。偉いなあ。

 

さっそく近所の文房具店にあるドクターグリップの中で一番安いやつを買ってきた。

f:id:nagatsukinijiko:20210427212746j:image

〈Dr.Grip CL Play Border〉「推し色」とやらの限定版。「推しが尊い!」って書かれた、使うシーンに困る消しゴムが付属。

やっぱりドクターグリップのメインターゲットってシャーペンで文字を書きまくって指が痛くなりがちな学生さんなんだろうなあ。

わたしには推し色とやらが無いのでブナンな黒を選んだ。ちょこっと調べてみたところ、少年隊のヒガシさんのメンバーカラーが黒らしい。少年隊の時代からメンバーカラーとかあったんだね…。

 

透明軸の中がデコれる仕様になっていたので一応やってみた。

f:id:nagatsukinijiko:20210429163451j:image

自分のセンスのなさとガサツさを実感する結果になるだろうと予想してからやってみたけど、そのとおりになった。

やっぱり私には「推し活」なるカルチャーは向いていない。