LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ

ベルばらカフェ (ベルばらが好きなのか ベルばらを好きと言ってる自分が好きなのか分からなくなった)

f:id:nagatsukinijiko:20161214172800j:plain

阪急百貨店うめだ本店4階 CHEER'S CAFE & DINING で開催中の「ベルばらカフェ」

特設会場ではなく、普通に百貨店の中に入っている喫茶店で実施されるフェアなので、普通に百貨店に入ってる喫茶店の高クオリティ アンド高価格。

私が注文したのは

f:id:nagatsukinijiko:20161214172758j:plain

「これだけ……。スープ ~玉ねぎのポタージュ~」1,690円

※中にフォアグラが沈んでいるので、全然「これだけ」じゃない。

 

 

f:id:nagatsukinijiko:20161214172759j:plain

「ぬるいショコラ『このショコラが熱くなかったのをさいわいに思え。』」 950円

お好みで熱めにできる。熱くしてもらったら、伝票に「ぬるいショコラ 熱め」というカオスな単語が印刷された。(「熱め」でもそんなには熱くなかった)

添えてあるのはシナモン風味のラスク。

スプーンの使い道は特になし。

 

ネットニュースでこの催しを知った瞬間「これは行かねば!」と決意したのだけど、詳しいメニューを見て、その値段の高さに尻込みした。

でも、大学の頃に漫画を読んでドハマりしたし、せっかく混雑しなさそうな平日にいけるんだから、あらかじめ予算を吟味してでも行かないと…!という謎の使命感に駆られ、本日の参戦となった。

しかし、注文したメニューを待ちながら、「果たして私は心からベルばらが好きという純粋な気持ちだけでここにいるのだろうか」という疑問が湧いてきた。

何だか「ベルばらが好き過ぎて、こんなお高いカフェに来てショコラ飲んじゃいました☆」とかブログに書きたいだけなんじゃないだろうか。

ぬるいショコラを加熱してもらってる時点で、もう邪道なんじゃないだろうか。

「食べかけの状態のほうが文字に信憑性が出るんじゃないか?」とか考えながら冒頭の写真撮ってる自分はいったい何なんだ。

 

確かにベルばらは好きだけど、別にベルばらにちなんだメニューを食べたから本当のファンってわけでもないしな。何なんだろうな、この「ベルばらカフェに行く自分」の立ち位置って…

などとわけのわからない思考を巡らした昼食時間であった。

きっと注文してからの待ち時間が結構長かったからだ。(普通にイイトコロの喫茶店なので、ちゃんと注文してから作っているのだ。)

 

そして、8階祝祭広場「北欧雑貨のクリスマスマーケット」

f:id:nagatsukinijiko:20161214172801j:plain

北欧フェアなので、巨大ツリーの代わりに、ツリーの形の「巨大ヒンメリ」なところが阪急百貨店の良センス。

常設のミラーボールも活かされてて凄く綺麗だった。

f:id:nagatsukinijiko:20161214172802j:plain

しかも1時間ごとに音楽に合わせて色や光の演出が観られるサービスタイムが有る。

クリスマスマーケットの物価が高くて何も買えずにウロウロしてただけなのに、こんなにきれいな音と光を享受できるなんてと、有り難すぎて泣きそうになった。

 

ほんとうに、めちゃくちゃキレイなんです。

 

全然お金を落とさない貧乏人にも平等にきれいな物を見せてくれる阪急という会社の懐の深さへの感謝があったり

でもこの会社にもやっぱり残業多くで疲れ切っている人もきっとゼロではないんだろうなあとか、

その疲れ切った人の中に、こんなに綺麗なものを企画したり発注したり設計やデザインやプログラミングした人がいて、施工した技術屋もいて。

きっと疲れながらも、皆んなに綺麗って思って欲しいという強い気持ちでの試行錯誤がないとこんなに綺麗にはならないはずで。とか。

 

そんな風に万感こみあげてきて、要するに今日もまた情緒不安定だった。