読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ

やっぱりスガシカオのライブは良かった

スガシカオ LIVE TOUR 2016「THE LAST」~ENCORE~

大阪は2回公演があった。9月11日(日)@なんばHatch と、10月30日(日)@堂島リバーフォーラム

10月30日はツアーファイナル。

 

9月11日に嫌な思いをしたので、もう10月30日を最後にしばらくスガシカオのライブには控えようと思っていたけれど、10月30日のライブがあまりにも良かったので考えが逆転した。やっぱり次も行こう。たぶんスガさん的にはライブの出来は変わらなかったと思うんだけど、自分のポジション取り如何でこんなにもライブに対する満足度が違うんだ~と実感したというお話し。

 

9月11日は、メルマガ先行で入手したチケットで、なまじ整理番号が良かったために真ん中からちょい前くらいの良いポジションを取ってしまった。のがいけなかった。

周囲の人々がライブの初めから終わりまでずーーーーーーーーっと歌っていて、気が散ってしょうがなかった。

移動しようかとも思ったけど、なんだか会場全体から女の人の歌声がフワーーって聞こえてきてる気がして、「どこへ行っても逃げられないんじゃないか?」と絶望的な気分になりながらライブを眺めていた。

私はそのときライブ用耳栓をしていた。これまでの経験では、ライブ用耳栓をしていると、演奏は聞こえるけどコール&レスポンスの時の観客の声が小さくなる。…ハズなのに、耳栓越しでさえはっきりクッキリお客さんの歌声が聞こえるんだからもう本当に絶望的!

夜空ノムコウ」では、演奏の前にスガさんが「よかったらみんなで歌ってください」なんて言っちゃったもんだから、私の真後ろにいる女性が余計に大声で歌いだし、間奏のコーラス部分(「ウウー↑ウウー↑(裏声)」)まで大声で、しかもタイミング間違うし、もうせっかくの良い歌を聴きながら失笑してしまうくらいだった。

「イジメテミタイ」だけは恥ずかしいのか歌ってなかったけどな!

 

スガシカオの曲は大好きだし、彼のパフォーマンスには何ら問題はなかったのに、こんなことで嫌な思いしてること自体が嫌だった。

終演後、帰宅する電車の中で「スガさんもお客さんには唄ってほしいなら、もうこれは自分自身の問題で、スガさんのライブには向いてないのかも」と思いつめた。

タカラヅカ好きの先輩に「タカラヅカは拍手するタイミングとか全部決まってて羨ましいっす…」と愚痴るくらい凹んでいた。

 

でも堂島リバーフォーラムのチケットも買ってしまっていたので、整理番号も後ろなことだし、後ろのほうでまったり観て、それを最後にしばらくスガライブは控えようと決意して参加した。

そしたら何ということでしょう、後ろのほうのまったりゾーンでは歌う人は全くいないし、手すりを巡ってじりじり領土争いしなくていいし(そもそも手すりがキープできるような整理番号じゃなかったから)、「午後のパレード」を踊る人の手が当たったりしないし、演奏に好きなだけ集中できるじゃありませんか!

しかも盛り上がるところは盛り上がっても浮かないし、演奏は文句なしの素晴らしいライブだった。

最後の「夜空ノムコウ」も感動的だった。

「オバケエントツ」とか「アイタイ」などの綺麗なメロディーが心に沁みてきた。

ちょうどハロウィンだったので、ダブルアンコールでのメンバーの仮装も面白かった。ベビメタの仮装したメンバーが「ヘドバン!ヘドバン!」ってヒント出してるのにスガさんがずっと「スキャンダル」と勘違いして呼んでたのにもウケた。

 

だからやっぱり、また次にスガさんが大阪か神戸にツアーで来たら、万難を排してライブに参加しようと思う。

 

教訓:スガシカオのライブは後ろのほうで聴くに限る。