LOSTMAN NEED BLUES DRIVE MONSTERS

神経質で性格が悪い人のブログ。ブーメランな意見を述べがち。更新が多いときは調子が悪いときです。

音楽の良し悪しが分からない。好きか嫌いかしか分からない。

これまで「天才あらわる!この才能に〇〇も驚いた!」と沢山のミュージシャンやDJが賞賛するようなミュージシャンが何人か出てきたじゃないですか? そういうのをラジオなりYouTubeなりでいっぺんは聴いてみるんだけど良さが分からない、ことが多い。 「これ…

システム手帳カスタムでスマートなオタ活

オタクなら誰もが 「手帳に好きな曲の歌詞を書いておき、辛い時に読み返して自分を励ます」 という痛い行為をしたことがあるだろう。 私はいい歳して現在進行形でやっている。 昔は『林檎もぎれビーム!』とかの歌詞を持ち歩いたりもした。 しかし、うっかり…

バンプの『シリウス』配信を聴いたあとのテンションで書いた乱文

いつもは11時前に寝てしまう体力のない私。 この日は翌日も休みだから夜遅くまでピロウズ の20周年武道館ライブのDVDを観ていたので、BUMPの『シリウス』配信開始と同時にDLすることができた。 そしていつも新曲を聴いた時のごとく この滋味深い歌声よ!→歌…

ニンゲンは増えすぎた

最近、「呟く用」のツイッターアカウントをやっている。 やってみたものの、用心しすぎて多くても週に数回程度しか呟く内容がない。 twitterが今みたいにインフラ化していなくて、「twitterは炎上しない『ゆるい繋がり』」とか言われて夢いっぱいの時代に別…

タータン展の感想と、神戸ファッションプラザの寂れっぷり

タータンが好きです。 何もない休日にExcelで描こうとする程度には好きです。 なのでタータン展は1ヶ月前から楽しみにしていました。 スコットランドからの贈りもの タータン展 @神戸ファッション美術館 ここもコープこうべの組合員証で入館料が1000円→800…

sugar rush

「シュガー・ラッシュ:オンライン」の予告編が面白そうだったので観ることにした。 ムビチケを買った。 公開は12月なので、予習として前作「シュガー・ラッシュ」をレンタルして観ることにした。 ヤバかった。 世界観はフワフワスイーツやメタ的ファンタジ…

PATHFINDER の映像化により歌詞の聞き取り間違いが判明

『アンサー』の歌詞 生まれる前の歴史のように のところ、 埋もれる前の歴史のように と、ずっと思っていたよ。よく考えたらその前までの歌詞と辻褄が合わないやん。 ライブ映像を観てて違和感を感じ、付属の歌詞カードを見て初めて気付いた。配信限定シング…

手塚治虫記念館のマクロス展(ちょっとだけ)と、「花のみち」で無根拠な特別感が湧いてくる不思議について

PATHFINDER のライブBlu-rayを観てたら生きる気力が湧いてきたので、日常生活上やむをえない用事と仕事以外で久し振りにお出かけをした。 コープこうべの組合員証で入館料が割引になるのが嬉しい、宝塚市立手塚治虫記念館へ。 マクロスFと初代マクロスの映画…

雑誌読み放題アプリが全然読み放題じゃない

こないだ4日間ぶっ通しの講習会に参加したんです。 とある資格に関係する講習で、仕事は全く関係ないので普段着で行きました。 どんな服装かというと ・一日中イスに座って講義を受けるので、お尻が痛くならないロングスカート ・往復路は酷暑なので、汗を良…

「自律神経を整えるストレッチ」は良いよ!

自律神経が整ったかどうかはともかくとして。 初めてここに載ってるストレッチを寝る前にやった日、BUMPメンバーが夢に出たのです。 大学の研究室の飲み会までライブしに来てくれて、その後鈴鹿サーキットで握手してくれました。 なんて支離滅裂な夢。 因み…

みんな集まって、全員ひとりぼっち

こないだ、ほぼ初対面の人との会話なのに油断して 「好きなものの発売日とかが有ると、『この日までは生きよう』って思うんですよね」 って話をしてしまった。 興味津々な感じで何が好きなのかと聞いてくれたので、はぐらかすのも悪いと思い馬鹿正直に「あ…B…

ピロウズの曲を聴きに映画「フリクリ」を観ても楽しめるのだろうか?

公開は秋。 取り敢えずムビチケを買っておいた。 前売り券を買ったからにはきっと観るんだろうな。 しかしフリクリって、YouTubeや予告編を見ても「昔ながらの玄人向けアニメ」感が強くて、なんかよくわからんなあ……というのがオバちゃんの正直な感想なんや…

『パンク侍 切られて候』………

3連休の初日の土曜なんて、映画館に行くもんではないね。 上映中ずーーーっと鼻をかんでいるお客さんがいた。 私は毒にも薬にもならない映画が好きだ。 というか、毒にも薬にもならない映画しか観たくない。 私が映画を観る目的は、映画が好きだからとか好…

MUSICA 2018年8月号

表紙:BUMP OF CHICKEN 巻頭特集:藤原基央インタビュー JAPAN のインタビューでも思ったけどさー めっちゃ歌詞とか曲構成のネタバレしてくるやん。 うちらは未だフル尺で聴けてないどころか、フルで聴けるのが数ヶ月後なのか何年後なのかも確定してないって…

PATHFINDERサコッシュは寺社めぐりに最適

趣味は寺社巡りのついでの御朱印収集。 ゆうても3年で1冊の御朱印帳が埋まるペースですが。 世間が御朱印ブームなので、捻くれ者の私はブームが下火になるまでは積極的に寺社巡りするモードになれない…などと思いつつも哲学の道界隈を散策したりした。 その…

耳鳥斎マイブーム

「江戸の戯画」展 @大阪市立美術館 開催期間:2018.4.17〜6.10 ここで展示されていた、「耳鳥斎」(にちょうさい)という人が書いた地獄絵巻の中にある 「ところてんやの地獄」という絵に一目惚れした。 絵のタイトルから読み取れるように、地獄絵と言っても…

6月1日 ピロウズ、6月2日メリー・ポピンズ

この二日間は深い呼吸がしやすかった。 ピロウズで流した汗と同じくらいの量の涙をメリーポピンズ で流した。 「音楽に命を救われる」っていう常套句は、あながち大袈裟じゃない。 そんな二日間だった。 (それぞれ、ほんの少しずつだけどセトリバレ&ネタバ…

ボーカルの歌声が芸人の声に聞こえる問題

CDを聴きながら、ふと 「あれ?このボーカルの声…芸人の○○の声に似てない…?」 と感じたことはないだろうか? 私は、バンドB(バンプではない)のボーカルの声がフットボールアワーの岩尾さんに似ていると思えてしょうがないのだが、誰に言っても共感を得ら…

“OSHIDO:The Soul of Japan”

最近ネットばっか見過ぎてるせいか もし、現代に新渡戸稲造が生きてて、外国で「無宗教の日本人はいったい何を心の拠り所としているのか?」と聞かれたとしたら、 「『推し』です。」 と答えて、流暢な英語で「OSHITO(推し道)」なんて本を書いてそう。 推…

アリア

「アリア」をイヤホンで聴いていたら、 藤原基央の歌声が ベースとギターの中間くらいの楽器なんじゃないかと思えてきた。 それだけ。

趣味のファイリング 《雑誌の切り抜き編》

GW前半の3連休は主に雑誌の整理をしていた。 BUMP OF CHICKEN は音楽雑誌に載っていすぎ。需要と供給のバランスが高レベルで安定しすぎ。 ピロウズの「No Substance」は格好良いし好きな曲だけど、それはそれ、これはこれ。俄かファンなので情報に飢えてて…

BRIDGE は休刊してるのかい?

JAPAN 2018年6月号。 駅前の(いつもJAPANは1〜2冊くらいしか置いてない)本屋さんで、最後の1冊でした星。 バンプ藤原さんへのインタビューをロキノン社社長の渋谷さんがやっている。 半月前のMUSICAと、おんなじ事象についておんなじ人(方やメンバー全員…

MUSICA 2018年5月号のインタビュー

福岡の振り替え公演(真のPATHFINDER ツアーファイナル)直後のBUMP OF CHICKEN インタビュー。 ファイナル直後のインタビューは、マインドがオープンになってるのが面白い。 感想:スタッフさんいつもありがとう。 インタビューを読んで、《 メンバーがやり…

疲れたときに読みたい漫画がない

金曜日、レンタルコミックコーナーにて。 天候と体調が思わしくないから週末は引きこもって過ごそうと、 巻数が少なくて ハラハラしたり精神的にしんどくなくて 人や動物がが死ななくて 教訓とかなくて 頭空っぽでも読めて エロとかフェティシズム的な要素が…

ライブ中に背中合わせでギター弾くやつ オブチキン

バンプのBFLYツアーのライブDVD/Blu-rayに収められている名シーンの一つ 「ギターとギタボ、結成20年にして初めて背中合わせで演奏する」。 私は藤原さんの「はじめて背中を合わせに来た」というコメントに驚いた記憶があるが、その理由がやっとわかった。 …

私が怒りをコントロールできる日なんて来るんでしょうか

できないままでは社会生活とか自律神経バランスがいつか崩壊するんじゃないかと怯えて暮らしている。 本の巻末に、サイトで無料診断できるシリアルコードが付いてたからやってみた。 その後、協会のサイトに入り直したらコードなんてなくても無料診断できる…

どうやら私は「神様はいらない」と言う人を崇拝しがち

菜の花のパスタとかサラダとかの写真を見ると、オシャレだし美味しそう!作ってみたい!って思っちゃうけど、菜の花の料理は辛子和えが一番おいしい。というのが世界の真理。 真実なんかはない現実が無数にあるだけ (10% roll, 10% romance ) 何気なく聴いて…

ロキノンの音楽文で月間賞取ってた「私はBUMP OF CHICKEN が怖い」という投稿が好き

ロッキングオンが運営している「音楽文」は、音楽に関する文章を素人が投稿するサイト。 内容はほぼ全て邦楽ロックに関するもので、ロキノン(JAPAN )のライター予備軍みたいな、人生と邦ロックを重ね合わせて感動を引き出すモノが多くて、うっかり感動とか…

ハイラインレコード時代のFLAME VEIN と THE LIVING DEAD を衝動買い。そのほか2枚。

別に「ラッキー!お宝ゲット!」なんて巡り会いで衝動買いした訳はなくて ハイラインレコード時代のバンプのアルバムはココ以外のブックオフでもこの店でも何度も見かけていた。 (ただしシングルの『LAMP』は滅多に無い。) しかし今日はなんだか、ネームプ…

zip! でやってた「BUMP OF CHICKEN が考えたライブへのこだわり」

ZIP! 日テレ on Twitter: "BUMP OF CHICKENが考えたライブのこだわりとは? ⏰あさ7時20分過ぎに放送です。 #明日のZIP! #SHOWBIZBRAVO! #ZIP!… " 「考えた」って予告だったんで、なんかいつもと違うこと考えて拘ったことがあったんかー、花道とかハンドマイ…